2人が納得のいく結婚指輪を選ぶ方法 > 新婚になったら > 新婚生活をスタートするときにはどれぐらいのお金が必要?

新婚生活をスタートするときにはどれぐらいのお金が必要?

2016-12-27


新婚生活を始めるときには、どのぐらいの費用を用意しておけば良いのか気になります。「できるだけ多めに用意しておきたい…」と考えている人が多いと思いますが、具体的にはどのぐらい用意しておたがいにいしくしょうか?あらかじめ知っておけば、結婚に向けて早めのうちから貯金していけますね。

新婚生活をスタートするときにかかる費用

新婚生活をスタートさせるときには、高額な費用がかかるかもしれないと思っているカップルがほとんどでしょう。そのため、お互いが結婚を意識したときから貯金を始めているカップルが多く、結婚したときには200万円~300万円ほどの貯金があるカップルもいるようです。これでも少ないのではないかと不安に思っているカップルもいるかもしれませんが、実際に先輩カップルが新婚生活をスタートするときにかかった費用は、平均で50万円未満となっています。もっとお金がかかると思っていたのに、50万円未満で新婚生活をスタートできるというのは驚きですよね。実際に高額な費用が必要になってしまうのは、新婚生活を始める前の結婚準備です。式場を借りたり、結婚指輪を用意したりと、結婚式をするためにかかってしまう費用は決して安くはありません。ですが、その大変な時期を乗り越えてしまえば、あとは引っ越しをするだけです。お互いが近くの地域に住んでいたのであれば、さらに安い費用で新婚生活を始められるでしょう。

お金がかかるのは子供ができてから

新婚生活をスタートするときは50万円未満で済んだとしても、子供ができるとそれだけでは済みません。育児をしていくために必要なものが出てくるでしょうし、保育所に預けたり幼稚園に通わせたりと、色々とお金が必要になってきます。新婚生活のために貯金していたお金は、無駄遣いをせずに子供ができたときのことを考えて残しておきましょう。十分な貯金があれば、焦らずに落ち着いて子育てをしていくことができるでしょう。

ケイ・ウノ

  • ゴージャス
  • アンティーク
  • キュート

ケイ・ウノは年間4万種類のデザインを生み出しており、どんなときでも2人にピッタリの結婚指輪をつくりだしたいと活動しているジュエリーブランドです。デザインのコンセプトは「幸せのジュエリーを作る妖精が棲むお店」で、さまざまなタイプのジュエリーリングを用意しています。とくに、オーダーメイドジュエリーは、どんなデザインの希望でも叶えてくれると評判で、こんなデザインわがままかなと悩んでいるカップルの希望を必ず叶えてくれることでしょう。

詳細はこちら

Ginza Rim

  • ゴージャス
  • アンティーク
  • キュート

Ginza Rimは結婚指輪激戦区である銀座で、22年の歴史を誇っているブライダルリング専門店であり、その品質の高さとデザイン性から人気を博しています。最大の特徴は、世界でも希少な宝石である天然のピンクダイヤモンドを惜しげもなく使用しているところであり、ピンクの濃淡までもピンクコンシェルジュに相談することができます。ピンクダイヤモンドが欲しいをいう要望にこだわるなら、まず間違いなく希望を叶えられる、おすすめのブランドです。

詳細はこちら

ROYAL ASSCHER DIAMOND

  • ゴージャス
  • アンティーク
  • キュート

ROYAL ASSCHER DIAMOND(ロイヤル・アッシャー・ダイヤモンド)は、オランダのアムステルダムで1854年に創業された、歴史あるジュエリーブランドです。世界最大のダイヤモンドの原石である「カリナン」のカットを英国王室から任されたことがあり、見事成功しています。このようにダイヤモンドの扱いに長けており、「アッシャー・カット」や「ロイヤル・アッシャー・カット」といった独自の技術は世界中のジュエラーを魅了しています。至高の輝きをもったダイヤモンドを検討するなら、検討してみてはいかがでしょうか。

詳細はこちら

最新記事